アンチエイジング~シミ取り物語~ > モニターでシミと戦う! > ピンクちゃん出現!!!

ピンクちゃん出現!!!

「施術日から5日間、絆創膏を貼ってください」って言われなくたって、黒々としたカサブタ、見せたくないッス。シミよりひどいッス。5日間を越えても、貼っていたぐらい。でも、日に日にムズ痒いし、ポリポリしたいのをグッと堪えてたりして。まぁ、確かに5日を越えるとカサブタが浮き上がってきて、フレームがはがれそう。(自然に取れるなら取れてもOKだったが、油断していたら、赤ん坊に危うく取られそうになるぐらいに)
で、2回目の受診。前回同様化粧を落とし、写真撮影・・・の前に、「あっ、取れますね」と軽〜く言われて、大事にしてたカサブタ、ペリリっと剥がされてしまった。なんだ、そんなモンかい?!
先生も、写真撮って、軽〜く見て、おしまい。
おいおい、それでいいのか?!

まっ、実際問題は、これから。消したって、また紫外線バチバチあびりゃあ、元もこもない。
大先生に施術してもらった訳だし、問題があっても困るでしょ。

今日は、ビタミンを肌から浸透させるという、ヒジョーに眠い事をしてもらった。
ベットに寝て、ぴちゃぴちゃと液体。(ちべたいっ)
小さいガーゼがまぶたの保護にのせられて。
ぴちゃぴちゃと液体。
顔全体を被うようなガーゼがのせられて。そのガーゼに電極(たぶん)を四隅にパチパチ(みっ、見たいゾォ!!しかーし、見れん!!)。
「銅線がついてますので、握ってください」とか言われて、縄跳びのグリップに濡れたガーゼを巻いたようなものを握らされ。(私ゃ、電導体かぁ?)
「ピリピリして痛いようだったら、教えてくださいね」って、こんな状態では喋りづらいってば。
静電気のように強くはないけど、ピリピリしてきた。エステに通っていた頃も、電気系に強かったし、辛い程ではないんで、「まな板の上の鯉」。
さらに、ぴちゃぴちゃと液体。(まだやるんかい)
自分の置かれた状態を見たくて、ウズウズしながら寝ていると。
「ローラーします」
はぁぁぁ???ナンスかそれ。って幅3cm、太さは1〜2cmぐらいの物体が顔の上を転がる。(壁の気分)
最初の10分ぐらいは、そんな事がくり返されて、そうこうするうちに、一人ホッて置かれて、スマン、眠った。(大抵の人がそうらしいが)
定期的にぴちゃぴちゃされて、起こされる。

で、寝ている頃に飽きた頃、おしまい。トータル1時間。
寝るしかないね、コリャ。

それにしても!今日ははめられた気分。だって、ケア用品(その中には、“漂白剤”がある。私はワイドハ×ターされる急須らしい。)を「買わされた」。税込¥31,237。聞いてないゾォ。土曜日で混んでたし、肝心の事務長(前回会ったクリニックの中では偉い人)はいないし、仕方ないから、買ったケド。“事前説明”にはなかったし、明日にでも事務長に電話して、確認、確認。だって、ビンボー人は、これからもそんなにお金がかかったら、困る。“モニター”だから始めたことだし、ねぇ。

まっ、とにかく、カサブタがとれたら、ピンク色の肌出現。うれしーーーーっ。
もっとも、これから二次沈着といって、前程ではないけれどシミが浮き出てくるらしい(それを今後レーザー以外の方法でケアしていく)が、でっけえシミのないこめかみは感動モノ。
・・・何年ぶりやろか。というより、色気づく頃にはあったしなぁ。シミのない自分の顔がよーわからん。(はははっ)

そうそう、すっごく疑問だったスタッフの方々、みんな“看護婦”さんだった。マッサージとかは、どーかわからんが、ヘタなエステに通うより、看護婦さんのいる美容外科の方が、施術によっては、安心かも。でも、それってフツー知らんよ。もっと情報公開すりゃいいのに、ね。


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)