アンチエイジング~シミ取り物語~

アンチエイジング~シミ取り物語~

夏もおわりなので、美白スタート!

いろいろな商品が出ているけれど、医薬部外品「だけ」だと押しが弱い。
なぜなら、普段から「医薬部外品の化粧水・乳液」を使っているから。 ( ´,_ゝ`) ブッ

トレチノイン&ハイドロキノンの二刀流もオススメだけれど、どうせなら新技に挑戦したい!
というワケで今回は、コスパ的にもOKそうな【ホワイピュア薬用美白クリーム】
をセレクト。

ハイドロキノンより肌に優しく、メラニンを黒くさせないアルブチンとトラネキサム酸に期待して、購入ポチっ。

使い方も、ふだんのお手入れにプラスワン。
天然成分配合で、この値段なら、まずはお試し!
年齢の気になる手の甲も試してみようかなと画策中。

@cosmeでも薬用美白クリームで口コミNo.1の実績もあるようだし、届くのが楽しみ♪

タグ: , , ,

夏の日差しに疲れた砂漠肌に

日焼け止め、日傘、手袋、アイテムはたくさん使っても、やっぱり夏の日差しはダメージが大きい。
その上、日常にストレスなんかあった日には、カサカサ・ボロボロ。
そのうちシワシワに進んでしまいそうな悪寒・・・。

そんな悩みに応えてくれそうなアイテムがあったよ~。
その名は「スイートブリスオイル」。

肌がカサカサになるだけじゃなくて、肌のターンオーバーにも影響を及ぼす“砂漠肌”化を呼ぶらしいので、水分と水分をしっかりつなぎとめるのにオイルが必要で、それには希少なウチワサボテン種子オイル(オレイン酸70%以上)と酸化しにくいスイートアーモンドオイル(リノール酸65%以上)を主成分とするSweet Bliss Oilがいいみたい!
これ、うれしいことに天然100%処方で、人工的添加ナシ、なうえにオーガニックにこだわってる。

不足する水分による乾燥にも、乾燥への自己防衛機能の過剰分泌の皮脂、どっちにも、必要なアイテム「スイートブリスオイル」試してみたいね♪


スイートブリスオイル:https://sweetbliss.jp/

タグ: , , ,

レーザーその後

Q-YAGレーザーにチャレ後、かさぶたが取れた写真。

古いものはやっぱり根が深いらしく、よく見るとまだ残りッカスがいるものの、この程度なら妥協の範囲じゃね?と言いたい感じ。
肝斑がペタッとありますけどねwww
実際、Q-YAGレーザーかさぶたが取れたあとは、コンシーラー使ってません(笑)
ファンデーションのみ。

もっとも!妥協判断については、個人個人で異なるので、一概には言えませんけどね ★彡 キラッ!!

まだまだまだ!と感じ
さらに時間と予算もある!なら、ピコレーザーをしていけばいいカモ。

ちなみに紫外線が強い季節になってしまったので、今はハイドロキノンの塗布はやめてます。
夜明けも早くなると、寝てる間や起き抜けで紫外線あびてしまう可能性があるので、ね。

昼間にハイドロキノン塗布を勧められないのには、ちゃんと理由があるんですよ。
紫外線とハイドロキノンがタッグ組んじゃうと、今までの苦労が水の泡となるのです。

というわけで、つぎのレーザーチャンスは、秋以降!
それまでの紫外線サンサンの春と夏。

日焼け止めで戦いましょう♪

アンチエイジングの大敵、紫外線のコワイ季節にinしているし。

現在、日焼け止め効果のあるベースをつけて、日焼け止め効果のあるファンデーションを使っているものの。
今使用しているペースが今ひとつ、のびが悪い。
首とかにも塗っておきたいのに、厚塗りになるわけでもなく、そこにポテッとある感じで、納得がいかない。
(お肌には、アルコールなしの低刺激で優しいタイプなんだけどね

と考えると、BIHAKUENのディクリームは、三ヶ月近くもったことを思うと、コスパが意外といいかも。

レーザー治療後のフォローとして、処方のハイドロキノンを夜間塗ってるので、日中の紫外線予防が大事になる。
(ちなみにハイドロキノンの大敵は紫外線。塗布したまま、日に当たると強烈にシミを呼ぶらしい。
朝洗顔はしているとはいえ、万一残留していたら!と考えると、 ヒィ─━─━((ヘ(; >Д< ||)ノ))━─━─ッ!!

テクスチャはたしかに重めではあったけど、伸びもよいし、塗布感がイイんだよね、BIHAKUENディクリーム。
汗をかく季節には、好みがわかれるところではあるものの、
まだまだそんな季節ではないし。

しっとりさせて、紫外線からしっかりガード。

と考えると、トレチノインやハイドロキノンとの合わせ技のみならず、
単品でもBIHAKUENのディクリーム、オススメです。

タグ: , ,

アンチエイジングへの第一武器はマスク!

お得にQ-YAGレーザーにチャレってきました!

レーザー治療の流れは基本ピコレーザーと近い流れ

  1. 受付
  2. カウンセリング
  3. 医師による診察
  4. レーザーする場所を設定
  5. レーザー照射
  6. お会計

ですが、特筆すべきは照射場所の設定!

施術するエリアがとびとびになってのトータル面積5cm×5cmではなく
とにかく5cm×5cmのエリア内というものなので
顔に定規を当てられて正方形を書いてもらうんだけど
担当してくれた看護師さんが、気持ちのヨイ人でw
「できるだけ照射できるシミが多いように」
かなり頭ヒネってくださいました(笑)

今回3チケットで5cm×5cmが3エリアだったので
どうしても逃してしまうものがでてしまう(4チケットにしておけば、網羅できた模様w
ため
線をひいては「う~~~~ん」
書き直しては「う~~~~ん」
逃してしまうほかない(密集してあるワケじゃないしねぇ
シミを確認されつつ
エリア決定!

わたし的に気になっていた箇所はおさまっていたし、文句なし ★彡 キラッ!!

ココまでご機嫌モードだったんだけど・・・

やっぱりレーザーなので、痛い・・・
ああ、なつかしい肉が焼ける匂い・・・
過去のレーザーモニターを思い出し・・・

痛さに弱い人は、別料金払ってでも、麻酔をお願いした方がいいかも・・・

もしくは「うっ!」となるたびに「これで悩みから解放されるのよ!」とポジティブに耐えるしかないかとw

エリアも広いので、けっこうな照射時間なので
部位によって出力を調整されてるのが痛みで認識

おわった状態は、昔のレーザーとちがって「白くならない」
いきなり「赤味の強いかさぶた」状態!

コレで街中歩いたら職質されるんじゃね?

というぐらい怪しいwww
怪訝な顔してるのを見たのか?先の看護師さんが

「マスク持ってきた?」

あ!マスクあれば隠せそうね~!
ざんねーん、持ってきてません・・・ orz

「わたしが予約確認の電話するときは、マスク持ってきてくださいね!って必ず言うんだけどね!」

だって言われてませんもん・・・
声の感じからも、ちがう人ですわ、電話くれたのは・・・ orz

最大の攻撃は防御だった
しかし、その準備が足りなかった
致し方あるまい

と、肩をおとしつつロビーにおいだされ会計待ちに入ろうとしたところ

くだんの看護師さんが、コソっとマスクを一枚くださったのであります♪

というわけで
防御アイテムゲットでHPをあげ

会計後(当日会計アイテムは、炎症止めとその後のハイドロキノンで3,780円)
火傷あとのヒリヒリ感を抱えて帰路についたのでありました
(マスクがさわって「ヒッ」となるぐらいw

炎症止めは1%~2%のリンデロン
ハイドロキノンは5%

照射後1週間は、朝・夜・洗顔後に炎症止め(その上から化粧は可能)
かさぶたは自然にはがれるまでガマン
かさぶたが剥がれてたら三ヶ月は夜1回、洗顔・化粧水後にハイドロキノン塗布

ヒリヒリ感は照射後3時間ぐらいはあったかな、徐々におさまった?慣れた?からいいけど

女神(やさしい看護師)がいない恐れもあるので
マジ、マスク持参は必須です!

タグ: , , ,
Top