アンチエイジング~シミ取り物語~ > アンチエイジング > アンチエイジングへの第一武器はマスク!

アンチエイジングへの第一武器はマスク!

お得にQ-YAGレーザーにチャレってきました!

レーザー治療の流れは基本ピコレーザーと近い流れ

  1. 受付
  2. カウンセリング
  3. 医師による診察
  4. レーザーする場所を設定
  5. レーザー照射
  6. お会計

ですが、特筆すべきは照射場所の設定!

施術するエリアがとびとびになってのトータル面積5cm×5cmではなく
とにかく5cm×5cmのエリア内というものなので
顔に定規を当てられて正方形を書いてもらうんだけど
担当してくれた看護師さんが、気持ちのヨイ人でw
「できるだけ照射できるシミが多いように」
かなり頭ヒネってくださいました(笑)

今回3チケットで5cm×5cmが3エリアだったので
どうしても逃してしまうものがでてしまう(4チケットにしておけば、網羅できた模様w
ため
線をひいては「う~~~~ん」
書き直しては「う~~~~ん」
逃してしまうほかない(密集してあるワケじゃないしねぇ
シミを確認されつつ
エリア決定!

わたし的に気になっていた箇所はおさまっていたし、文句なし ★彡 キラッ!!

ココまでご機嫌モードだったんだけど・・・

やっぱりレーザーなので、痛い・・・
ああ、なつかしい肉が焼ける匂い・・・
過去のレーザーモニターを思い出し・・・

痛さに弱い人は、別料金払ってでも、麻酔をお願いした方がいいかも・・・

もしくは「うっ!」となるたびに「これで悩みから解放されるのよ!」とポジティブに耐えるしかないかとw

エリアも広いので、けっこうな照射時間なので
部位によって出力を調整されてるのが痛みで認識

おわった状態は、昔のレーザーとちがって「白くならない」
いきなり「赤味の強いかさぶた」状態!

コレで街中歩いたら職質されるんじゃね?

というぐらい怪しいwww
怪訝な顔してるのを見たのか?先の看護師さんが

「マスク持ってきた?」

あ!マスクあれば隠せそうね~!
ざんねーん、持ってきてません・・・ orz

「わたしが予約確認の電話するときは、マスク持ってきてくださいね!って必ず言うんだけどね!」

だって言われてませんもん・・・
声の感じからも、ちがう人ですわ、電話くれたのは・・・ orz

最大の攻撃は防御だった
しかし、その準備が足りなかった
致し方あるまい

と、肩をおとしつつロビーにおいだされ会計待ちに入ろうとしたところ

くだんの看護師さんが、コソっとマスクを一枚くださったのであります♪

というわけで
防御アイテムゲットでHPをあげ

会計後(当日会計アイテムは、炎症止めとその後のハイドロキノンで3,780円)
火傷あとのヒリヒリ感を抱えて帰路についたのでありました
(マスクがさわって「ヒッ」となるぐらいw

炎症止めは1%~2%のリンデロン
ハイドロキノンは5%

照射後1週間は、朝・夜・洗顔後に炎症止め(その上から化粧は可能)
かさぶたは自然にはがれるまでガマン
かさぶたが剥がれてたら三ヶ月は夜1回、洗顔・化粧水後にハイドロキノン塗布

ヒリヒリ感は照射後3時間ぐらいはあったかな、徐々におさまった?慣れた?からいいけど

女神(やさしい看護師)がいない恐れもあるので
マジ、マスク持参は必須です!


タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)