アンチエイジング~シミ取り物語~ > 自腹でシミと戦う! > トレチノインしみ治療

トレチノインしみ治療

偶然みつけた「金町駅前クリニックのトレチレインしみ治療」のサイト。(20150904 403エラーでリンク削除)
部位に塗布して、皮膚の角化細胞の増殖を促進し、黒くなった角化細胞を掻き出すというモノらしい。
副作用は「塗布部位に炎症と皮むけが起こり、肌が乾燥してくること。」と「奇形児が生まれる危険性があるので妊娠をのぞむ人及び妊婦は使えない」
というのを読むとかなりの劇薬??
ただ、レーザーよりリーズナブルになりそう。

診療の流れ

初診時

まず、担当医より、しみのタイプを診断してもらいます。一言でしみといってもいろいろな種類があります。治療のしかたは、しみの種類によってかなり異なりますので、正確な診断のもとに、もっとも適切な塗布方法を指導してもらう必要があります。また、初診では、しみ治療が安全に行なわれる体質かどうかを確認します。たとえば、アレルギー体質が疑われる方には、初めにパッチテストを行ない、軟膏によるかぶれがでないことを判定した後に、治療を開始します。

2回目の診察

2回目の診察は非常に重要です。トレチノインに対する感受性は、個人差が大きいため、2回目の診察では、トレチノイン濃度や使用頻度が適正かどうかを判定し、場合によっては濃度や使用回数の調節を行ないます。同時に、担当医は、しみ治療が安全に行なわれているかどうかも評価いたします。

3回目以降の診察

早い人では、3回目にしみ取り治療の大部分を終了し、アフタケアの指導に入ります。しみの深い方、治療の進み具合が遅い方は、診察を継続します。

金町駅前クリニックのトレチレインしみ治療より引用(20150904 403エラーでリンク削除)

近くでトレチノインによる治療をしている医院を探してみようかな?


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)