アンチエイジング~シミ取り物語~ > 自腹でシミと戦う! > 腫瘍(?)取りました

腫瘍(?)取りました

ああ、術前の写真がない・・・ごめんなさい・・・

目の下にぱっと見では、シミかほくろで
だけれど ほくろのような均一なふくらみでない
「何かが」できて、ここ半年ぐらいは
顔を洗うたびに指に触れて、気になっていたんだ。

で、娘の足裏が「えええええっ、水虫?!」という状態になり
それで診察してもらいに行った皮膚科は
シミのレーザー治療やレーザー脱毛もやっていたわけ。
待合室の壁に提示されている、シミとりレーザー治療の価格表をながめて、
「ほぉ、けっこぉ安いかも・・・」なぁんて思ってたんだけど
ついね、娘の診療後に、顔にある「コレ」なんでしょぉ???
って聞いちゃったわけ。(笑)
で、急遽私の診察になり、
「ああ、腫瘍ね。たぶん 良性だけど」
「取りたいんですけど、いくらぐらいですかね〜?」
「ううん、1万ぐらいで、取れるよ?」
「ほぉ・・・、で、ついでなんですけど、
 顔の左側にあるシミもなんとかできたらなぁ・・と」
「ううん、こっちはね・・・

やおら、まずは視診して、
定規を持ち出し、各シミを計り出す先生
顔に定規当てられたのは、はじめてだ!!!w(°o°)w

この状態だと保険は使えないけど、全部で8万ぐらいかな」
『ええええーー けっこぉ安いじゃん!!』とか内心思いつつ
「で、どぉする??やりますか?」
という畳み込むよな先生の問いに
「まずは、こっちのでっぱり、なんとかしたいです!!」
「そぉ?!(ちっ、もうけはぐったぜ とか思ってる?!)じゃ、やりましょうか。
(看護師さんにむかって)じゃ、用意して。」
という、電光石火の勢いで、取っちゃいました。

術式の手順としては

  1. 術前採血
    (さすが皮膚科の看護師さん 痛いよぉ 採血 もっと練習してぇ
  2. 患部に麻酔
    (さすが皮膚科の先生 痛いよぉ 注射 もっと練習してぇ)
  3. メスで突起部分を切除
    (切られてる感覚はわかった)→切除部分は生体検査へ
  4. レーザー照射
    (5発ぐらい ああ、久々の肉がこげる匂い・・・コゲてんのは私・・・
  5. 抗生剤塗布
    (ちょっとしみるぞ・・・)
  6. 絆創膏でカバー
    (あああああ、また、これか・・・orz)

という感じで、処置室の準備だとかをのぞけば5分足らず・・・

というわけで、傷が乾くまでの当分の間、顔に絆創膏という
格好いい姿をさらすことになったのでありました。ちょんちょん
ちなみに、次の日に術後診察、1週間後に術後経過観察があります。
傷が乾いて絆創膏をはらなくなっても、シミ取りん時と同じで、紫外線対策必須でございます。
ああ、冬でよかった♪


タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)